top of page

みんなへの手紙

403ミュージアム・バイ・ザ・スペースは、私たちの心を開き、視野を広げる、分野横断的な複合施設です。この空間では、グローバル社会のすべての人々の生産性とウェルビーイングを適応し、促進し、エンパワーする理想的な空間を創造するための実験が行われています。 403ミュージアムは2022年2月11日開館してから2023年3月21日閉館までの開館日276日の間に、41ヶ国・地域から1379人の来館者を迎え、一緒に学び、勉強し、交流することができました。 アフガニスタン/オーストラリア/バングラデシュ/ブラジル/カメルーン/中国/ドイツ/フランス/ハンガリー/インド/インドネシア/イラン/イスラエル/イタリア/日本/ラオス/マレーシア/モンゴル/ミャンマー/ネパール/オランダ/ニュージーランド/パキスタン/パレスチナ/パプアニューギニア/フィリピン/ルワンダ/シンガポール/ソマリア/韓国/スリランカ/スイス/シリア/タジキスタン/台湾/タイ/英国/アメリカ合衆国/ウズベキスタン/ベトナム/イエメン  実験的で革新的なミュージアムとして、これまでに4つの展覧会を企画し、7つのイベントを主催・開催し、274の社会的トピックについて議論してきました。 ENコーナーでは、70%近くの物を再利用することができ、廃棄物のリサイクル率も月平均80%以上となっています。 この一年間、営利目的でないため、403ミュージアムは常に資金不足に悩まされてきました。また、この一年間は、自分自身の問題について繰り返し考えてきました。 私たちのコンセプトが未熟だったのでしょうか? 場所の選定が悪かったのでしょうか? 別府は開館にふさわしくなかったのでしょうか? それとも、別府市の制度に欠陥があったのだろうか?403ミュージアムは、立命館アジア太平洋大学が開学23年で解決できなかった問題、そして市役所が設立し出資しているB-biz LINKが解決できなかった問題を解決しようとしているのです。403ミュージアムの目的の一つは、この街に滞在し、学び、働き、創造し、暮らすことを愛する人たちのために、皆さんと一緒に別府を開かれた、国際的で、ヒューマンな、そして持続可能な都市に変えていくことです! まだこの一年、403ミュージアムに足を運んでくれた友人たちの愛と支援を感じることができました。しかし、私たちが暮らす社会では、愛や応援、善意や熱意だけでは、より多くの人が別府で暮らせる環境を整え、社会が抱える問題を解決することはできません。そのため、私たちは、この社会が信奉するイデオロギーや信仰、信じる価値観や思想、定義する成功や失敗が正しいものであるかどうか考えさせなければならないのです。 最後になりましたが、この一年間、皆様からいただいたご支援に心から感謝いたします。 私たちの先駆けが、後に続く人たちの参考事例になりますように。 これで別府の403ミュージアムは幕を閉じました。 これからは、引き続きこの一年間の経験と教訓を整理し、403ミュージアムモデルの改善を続けていきます。今後とも403ミュージアムにご関心をお寄せくださいますようお願い申し上げます。 これからもお世話になることができない方々、そして私たちに期待を寄せてくださった方々に、深くお詫びを申し上げます。

An Open Letter

403 Museum by The Space is an inter-disciplinary, multi-function space that open our mind, broaden our horizons by experimenting on creating the ideal space that accommodates, facilitates, and empowers productivity and well-being for every person of the global society. From the day it opened its doors on 11th February 2022 to the day it closed its doors on 21st March 2023, 403 Museum welcomed 1379 visitors from 41 different countries and regions to learn, study, and interact with each other, during its operating 276 days. Afghanistan / Australia / Bangladesh / Brazil / Cameroon / China / Germany / France / Hungary / India / Indonesia / Iran / Israel / Italy / Japan / Laos / Malaysia / Mongolia / Myanmar / Nepal / Netherlands / New Zealand / Pakistan / Palestine / Papua New Guinea / Philippines / Rwanda / Singapore / Somalia / South Korea / Sri Lanka / Switzerland / Syria / Tajikistan / Taiwan / Thailand / United Kingdom / United States of America / Uzbekistan / Vietnam / Yemen  As an experimental and innovative museum, we have organized 4 exhibitions, organized or hosted 7 kinds of events, and discussed 274 social topics. Our EN corner has managed to reuse almost 70% of the items and our average monthly recycling rate has reached over 80%. In this past year, due to our non-profit nature, 403 Museum has always been facing a shortage of funds. Also in this past year, we have always reflected on our own problems. Was it our concept that was immature? Did we make a mistake in choosing the site? Was it that Beppu should not have been chosen to open the museum? Or was it a flaw in the system of Beppu City Hall? After all, we are trying to solve the problems that Ritsumeikan Asia Pacific University could not solve in its 23 years of existence, and that B-biz LINK, backed and funded by the city hall, could not solve. One of the goals of 403 Museum is to transform Beppu into an open, international, humane, and sustainable city together with you, for those who love to stay, study, work, create, and live in this city! Still in this past year, we could feel the love and support from our friends who came to 403 Museum. Unfortunately, in the society we live in, love and support, kindness and enthusiasm are not enough to support us in providing more people with the conditions they need to stay, nor to solve the problems the society is facing. This has forced us to think about whether the ideologies and beliefs espoused, the values and principles believed, the successes and failures defined by this society are the right ones! Finally, many thanks to all of you for your support this past year. May our pioneering be a reference for those who follow. This brings us to the end of 403 Museum in Beppu. We will continue to conclude and learn from the past year's experience for improving the 403 Museum model. We welcome your interest in 403 Museum's future development!  We would like to extend our deepest apologies to those we cannot continue to serve and to those who have placed their hopes in us.

给大家的信

403博物馆是一所通过「为全球社会的每一个人创造出适合、促进、赋能其生产力与整体健康的理想空间」而【开阔人们思路,拓宽人们视野】的跨学科,多功能,实验性基地。 403博物馆从2022年2月11日开馆至2023年3月21日闭馆的这一年多的276个开馆日里,欢迎了来自41个国家和地区,1379人次前来参观,学习与交流。 阿富汗/澳大利亚/孟加拉/巴西/喀麦隆/中国/德国/法国/匈牙利/印度/印度尼西亚/伊朗/以色列/意大利/日本/老挝/马来西亚/蒙古/缅甸/尼泊尔/荷兰/新西兰/巴基斯坦/巴勒斯坦/巴布亚新几内亚/菲律宾/卢旺达/新加坡/索马里/韩国/斯里兰卡/瑞士/叙利亚/塔吉克斯坦/台湾/泰国/英国/美国/乌兹别克斯坦/越南/也门 作为实验性、创新型博物馆,我们举办了4场展览,主办与承办了7种活动,讨论了274种社会话题。我们的EN角落成功地让将近70%的物品重新利用,我们的垃圾回收率也达到了月均80%以上。 在过去的这一年里,因其非营利性质,403博物馆一直面临着资金短缺的问题。也是在过去的这一年里,我们反复思考自己的问题。是我们的概念不成熟吗?是选址出错了吗?是不应该选择在别府开馆?还是别府市政府的制度缺陷?毕竟403博物馆尝试解决的是立命馆亚洲太平洋大学创校23年无法解决的问题,也是有着市政府作为靠山出资的B-biz LINK无法解决的问题。而403博物馆的目标之一是衷心希望让更多喜欢别府的人们,能留下来,学习、工作、创造与生活,同大家一起,将别府打造成开放,国际化,人性化,可持续发展的城市! 还是在过去的这一年里,我们能感受到来馆的朋友们对403博物馆的热爱与支持。遗憾的是,在我们所生活的这一社会里,热爱与支持,善良与热忱,不足以帮助我们为更多的人提供他们留下来需要的条件,也无法解决这个社会所面临的问题。这不得不让我们思考这个社会所奉行的主义与信仰、所相信的价值观与理念、所定义的成功与失败是否正确! 最后,非常感谢大家在过去这一年里的支持。 愿我们的先行能成为后继者参考的案例。 至此,在别府的403博物馆将告一段落。 我们将继续总结过去这一年的经验与教训以继续完善403博物馆的模式。欢迎大家继续关注403博物馆日后的发展! 在此,我们向我们无法继续服务的人们以及把希望寄托于我们的人们致以最深的歉意。

bottom of page